朝勃ちが悪い要因とは?

 

朝、生殖器が元気である事は男性にとって健康のバロメーターでもあります
20代でもあまり朝立ちをしなくなった方もいれば50代でもしっかりと朝立ちしている方もいます

 

違いは一体何なのでしょうか?
朝元気が無い原因と解消法をご紹介します

朝立ちが悪い原因と解消法

朝立ち(正式名称は夜間陰茎勃起減少)が悪くなっている要因として主に考えられるのは

男性ホルモン分泌量の低下

食生活や運動不足によって男性ホルモンのテストステロンの分泌量が低下すると朝勃ちが悪くなります
テストステロンは精力増進や集中力向上などの効果があり、多く分泌されている事で仕事のパフォーマンスにも影響が出ると言われているホルモン
つまり、男性らしさを出す為には必須のホルモンと言うわけです
筋トレ等によっても分泌されますので体がなまっていると精力が減退するのはテストステロンが大きく関係します
体の不調によって運動不足になったり、ストレスによってやけ食いしてしまったりと現代人には分泌が落ちやすい環境が揃っていると言えます

血行不良

勃起と言うのはペニスの海綿体細胞に血液が流れ込むことで起きる現象です
つまり血行不良になると勃起力は低下します

 

朝の勃起と言うのは医学的にも病気のサインとしてとらえられる事が多いのは血行不良のサインの一つだからです
動脈硬化のサインとして朝勃ちをするかの確認をする医師もいます

 

朝勃ちが悪いのは加齢減少ではありますが、若い世代に多いのはこの2つの理由からです

元気な朝立ちを取り戻すためには

いつまでも元気な体でいる為には出来る事はたくさんありますし、実際に中年になっても元気な方も多くいます
朝勃ちを取り戻すために出来る事は
・運動や筋トレ(特に下半身の筋トレ)
・質の良い睡眠(腰痛を防ぐマットレスなども効果的)
・血液の流れを良くする栄養素(シトルリン、アルギニンなど)
・ストレスを発散する(何も考えない瞬間を作る事、趣味を見つける)
などがあります

 

一般的に一ヶ月以上朝勃ちが無いと精力減退が顕著だと言われますので、一度自身の状態を確認してはいかがでしょうか