デスクワークは腰痛になりやすい

お仕事とは1週間のうちに5日以上出勤し、1日8時間以上働くので、日々生活の中でもかなりのウエイトをしめています
なかには残業などもあり、毎日ほぼお仕事と言う方も少なくないと思います
そんな中でもデスクワークをしている方の腰痛率が高いのはご存知でしょうか?
デスクワークが何故腰痛になりやすいかをご説明し、少しでも腰痛にならないためにはどのようにすればいいのか案内します

何故デスクワークは腰痛になりやすいのか?

 

デスクワークは姿勢に注意が必要です

何故デスクワークの姿勢に注意が必要なのかと言うとデスクワーク中に猫背になったり、椅子と机の高さが自分にあっていなくて疲れやすい姿勢になっていたりしていませんか?
正しい姿勢とは頭から腰にかけてまっすぐにS字の曲線を描いている状態です 猫背や前かがみの状態ではS字の曲線を描くことができなくなり、必要以上に頭や上半身の重さが腰にかかってしまいます

 

 

長時間同じ姿勢は腰に負担をかけます

長時間同じ姿勢でデスクワークを行う事も腰痛を引き起こす大きな原因になります
同じ姿勢で長時間デスクワークをしていると、腰の一部分に長時間負荷をかける事になります

 

眼精疲労身も腰痛の原因になります

デスクワーク中に長時間モニターを見続けると目が疲れてきます この目の疲れで自律神経が乱れて、骨盤周りにある筋力の働きが悪くなり骨盤にゆがみが出て腰痛になります

デスクワークでの腰痛解消法

正しい姿勢でデスクワークをする事

 

デスクワークでは正しい姿勢で行う事が最も重要になってきます
デスクワークでの正しい姿勢とはどうすれば良いのか注意点を見ましょう

 

背もたれとお尻がフィットするように座る
足を組んだりせずに両足の裏を地面につけるようにする
椅子と机の高さが自分に合うように調整する

 

 

休憩をとりストレッチをする

 

デスクワーク中は1時間に1回は10分程度の休憩をとり、身体にコリを感じたら必ずストレッチや伸びなどでコリをほぐす様にしてください

 

 

眼が疲れない様にするには

 

眼精疲労からの腰痛を予防するためにはパソコンの画面にブルーライトカットの保護フィルム等貼ると効果的です