何故腰痛は病院に行っても治らないのか?

みなさん「腰が痛いな」「腰がこっているな」っと思ったら湿布を貼ってみたり、マッサージ店に行ってみたり、それでも治らない場合や痛みが悪化してきた場合整骨院に行ったりする方が多いと思います。
それでも腰痛が治らない場合、最終手段として病院に行きますが、腰痛の方の約9割は病院に行っても治ることはありません

 

何故病院に行っても腰痛が治らないのか?

 

腰痛で診察する場合「整形外科」になりますが「整形外科」では先生が腰の痛い部分を触診したり問診した上で骨に異常がないかレントゲンを撮影し、総合的に診察しますが腰痛で病院に行く人の約9割は骨に異常が見なれないと言われています
レントゲンを撮った結果骨に異常が見なれなければ「腰痛症」と診断されるのです
「ぎっくり腰」も「急性腰痛」や「腰椎捻挫」などと言われますが、「腰痛症」の中に入ります
「腰痛症」がさらに悪化した場合、椎間板ヘルニアや脊椎分離症等になる可能性があります

 

「腰痛症」とは簡単に言うと腰の筋肉痛なので、これと言って治療方法が病院ではないのが現状です
筋肉痛を治すためには安静にすることや、体操などで血流を良くすることや、筋トレで腰回りの筋力をアップして腰の負担を減らすことや、姿勢や体幹を良くすることで、腰の負担を減らすことが重要になります
なので、病院に行ってレントゲンも撮って高い診察代金を支払ったのに、処方されるのは湿布や痛み止めだけと言う残念な結果になってしまうのです

 

 

では、「腰痛症」以外の腰痛とは?

 

腰痛の種類には内臓系の病気か原因の腰痛もあるのです
がん・胆石・脊椎カリエス等の病気が腰痛を伴う事もあるのですこのような内科的な病気が原因で起きている腰痛は当然のことながら専門の病院で治療が必要となります
内臓系の病気が原因の場合の腰痛は腰痛の人の約1割と言われています