腰痛の原因は何なのか知る

腰痛で悩んでいる方は沢山いると思いますが、みなさん何時、何が原因で腰痛になったのかわかっている方は少ないと思います
多数の方は、腰がこっていると思いながらもそのまま放置し腰痛になってしまっていると思います
腰痛になるという事は腰痛になる原因があり、その原因を知り原因を改善しないと腰痛を治すことが出来ません

 

それでは腰痛の原因についてみていきましょう

腰痛の原因

姿勢が悪い

 

姿勢が悪いと腰に負担がかかり腰痛を引き起こしてしまう事が多いです
皆さんの姿勢は悪くなっていませんか?

 

  • 猫背になっている
  • 常に同じ肩にバッグをかけている
  • 長時間同じ姿勢で座っている
  • 足を組んで座ることが多い
  • 重い荷物を持つことが多い
  • うつ伏せで本を読んだりする

 

このような状態が日常で長く続いていると日常生活で腰に負担をかけ続けているので腰痛につながることがあります

 

運動不足

 

 

運動不足になっている場合、腹筋や背筋が衰えると背骨に負担がかかってしまいます
背骨は腹筋と背筋で支えているのでこれらの筋力が衰えると、腰椎や椎間板にも悪影響が出てきます

 

また、運動不足になると、筋肉が固くなり血流が悪くなるので腰の疲れなども取れなくなってきます

 

さらに運動不足で肥満体系でお腹が出てくると上半身が後ろに反ってしまって正しい姿勢ではなくなってしまい腰に負担がかかります
肥満は生活習慣病の原因にもなる可性があるので注意が必要です

 

 

内蔵疾患

 

生活習慣や運動不足の他にも内臓疾患から腰痛が引き起こされている場合もあります
内蔵疾患では早期発見が大切になるので、ただの腰痛との自己判断は危険です

 

 

  • ガンなどの腫瘍
  • 脊椎炎
  • 尿管結石や膀胱炎
  • 大動脈瘤

 

 

敷布団やマットレスが合っていない

 

 

人間は1日の3分の1が睡眠と言われています
その長く貴重な時間に腰に負担をかけているとなるとどれだけ腰痛のケアをしても治りません
睡眠時大切なことは正しい姿勢を維持しながら睡眠できる事です
敷布団やマットレスが柔らかいと体の中心部分の腰が沈んでしまうので腰に負担をかけてしまいます
硬すぎるマットレスでは背中の曲線が真っすぐになってしまい腰部分が反り返り腰に負担をかけてしまいます

 

 

 

 

 

 

改善方法

 

 

姿勢は日々の意識で改善する

 

足を組んだりすることや同じ肩にバッグを掛ける事等は意識して左右均等に行うようにしましょう
但し、足を組む行為は腰に捻じれが発生する事とすわる事自体腰に圧力がかかっているのでなるべく足は組まない様にしてください
その他は正しい背中がS字カーブを描く状態を意識していれば改善できます

 

運動は軽くても大丈夫です

 

運動をするとなるとどうしても気合を入れてハードな運動を意識してしまいますが、運動不足が原因で腰痛になる原因は血流が悪くなる事なので、血流が良くなればいいのです
なので日々出来る範囲でのウォーキング等でも効果が得る事が出来ます

 

ただの腰痛と軽く考えない

 

腰痛は病院に行っても治らないから病院に行かないというのは間違いです
少ない可能性でも内臓疾患の可能性があるので、腰痛以外にも体調が悪い等ないか考え、早期に病院で受診することが大切です
内蔵疾患は早期発見・早期治療が大切です

 

 

敷布団やマットレスはどの様なものが良いのか

 

腰に負担をかけずに寝るためには「体圧分散」の出来ているマットレスが良いです
「体圧分散」とは体の圧力を均等にしてくれるマットレスです圧力を分散することで正しい姿勢での睡眠が可能になります